要件事実論30講


要件事実や事実認定に関する書籍として何が良いか、気になりませんか?

かつて、リーガルデータバンクでは、要件事実や事実認定に関する書評の投稿を受け付けていました。

この記事では、それらの投稿の中から、要件事実論30講に関する評価を抜粋して載せておきたいと思います。

1. 要件事実論30講に関する肯定的意見

要件事実について、基礎から応用まで幅広く学べる名著です。

司法研修所の起案では、要件事実の問題として、紛争類型別や新問題研究に掲載されていること以外も出題されます。そのような問題に対応するためには、この本を読むのがオススメです。

この本をおさえておけば、要件事実の問題で大幅に点数を失うようなことが無くなると思います。同種の要件事実問題集も何冊か出ていると思います。しかし、全問題のレベルが適度に揃えられていることを考えると、この本一択だと思います。


契約類型等ごとに事例をもとに,要件事実について解説されています。


本文についてしっかり理解していれば,要件事実の理解としては十分だとは思います。

一歩先を学びたい人や細かい内容について疑問をもった人は,補足部分を読めば有用であると思います。


また,解説や事実摘示記載例がありますので,ゼミで使うのもいいと思います。

最後の方に各講のブロックダイアグラムがありますので,ざっと確認する際に有用だと思います。


要件事実を学び、より深化させたい物好きな法科大学院生、民裁や民弁の起案の評価を気にする修習生(裁判官志望)には検討の価値あり。

第2部の問題演習は、要件事実の本にしては珍しく、事例が豊富に盛り込まれているので、どういった事実が要件事実として摘示しなければならないか学ぶことができる。


研修所の教官がオススメしていた要件事実の参考書です。

概ね内容はスタンダードなレベルに落ち着いており、解説も裁判官等が書かれているため安心感があります。

第4版になり、民法改正に対応しました。個人的には改正民法での要件事実が学べる本として今後実務家になる方には大変有用だと思います。

具体的には錯誤取消、法定利率、危険負担、契約不適合責任などの要件事実を知ることができ、大変勉強になりました。

なお、現行法を前提にした二回試験を受ける人も、現行法ではどうだったかという点が詳しく補足されているため、頭が混乱することもなく読めると思います。

類似した本として、岡口裁判官の要件事実問題集がありますが、そちらの方がレベルが高いこと、主張書面スタイルになっており、研修所の起案に近いことがあげられますが、30講をやれば知識としては充分だと思われます。


2. 要件事実論30講の使用上の注意点


解説や摘示例にはところどころなぜそれを記載したのかよくわからないところもあり(評価根拠事実や評価障害事実でよくみられる)、この本を使いたい場合は、複数の人が集まってゼミなどの形で検討することをすすめる。



3. まとめ


いかがでしたか?

個人的には、司法研修所の教官も要件事実論30講のことを積極的に評価しており、二回試験を含めた修習生活に必要十分な要件事実論の内容を演習形式で学べる最適な本だと感じています。

修習生やロースクール生が要件事実に関する書籍を持っていないのであれば、要件事実論30講の購入は有力な選択肢の1つになると思います。








執筆者:  管理人【Lv.177】

投稿日時: 2018年12月22日14:27

参考になった!