新人弁護士と確定申告


この1月に弁護士になり、開業届や青色申告の承認申請を終えました。

結構色々考えなければならないことがあったので、これから手続をしようとする人のために、記事を書いておこうと思います。

青色申告の承認申請の時期

私は

「青色申告の承認申請って確定申告の直前までにしたら良いんじゃないの?」

と思っていたのですが、それだと遅すぎるらしいです。

1月初めに開業した弁護士の場合、その年の3月15日までには青色申告の承認申請をしなければなりません(国税庁のHP参照)。青色申告をしておかないと、税務的にかなり不利益を被るのでこの3月15日までに申請するというのはとても大事です。

この1月に個人事業主としての業務を開始した方は、絶対に3月15日までに青色申告の申請をするようにしてください。

おそらくこのような方は少ないと思いますが、1月16日以降に業務を開始した場合には、3月15日までに申告しなくても構いません。しかし、その場合でも開業日から2か月以内に承認申請をしなければならないので、ご留意ください。



開業届と青色申告

青色申告の申請をするためには、申請前に開業届を提出する必要があります。

それでは、開業届は、どうやって出したら良いのでしょうか?

届出書を作成し、決められた税務署に提出する必要がありますが、自分でイチからそれらを考えるのは面倒です。

たしかに、国税庁のHPでは、届出書の雛形をダウンロードできますが、それらを埋めていくのは意外に面倒です。

個人的には、Freeeの「開業Freee」を利用するのがオススメです。

無料で会員登録して、質問に答えていけば勝手に開業届が完成されます。さらに、届出を提出すべき税務署も分かります。

無料で開業届を作成すると同時に、青色申告の承認申請書も作成できるので、5分ぐらいで青色申告をするための準備が全て整います。

「会計ソフトとしては、Freeeではなくてマネーフォワードを使いたいと思っているんだけど…」

という人も、会計ソフトと開業届の作成ソフトとについて同じソフトを使わなければならない訳ではないので、開業Freeeを使うことになんの問題もありません。

リンクを貼っておくので、ぜひ試してみて下さい。

↓↓ここからどうぞ↓↓


開業届って郵送できるの?

Freeeで開業届と青色申告の承認申請書を作成した後は、それを税務署に提出しましょう。

「税務署に行く時間がないんだけど…」

という人についても、郵送で提出することができるので何の問題もありません。

次の書類等を長形3号の封筒に入れて送付すれば完了です!

  • 開業届(提出用)
  • 開業届(控用)
  • マイナンバーカード
  • 返信用封筒+返信用切手
  • 青色申告承認申請書(提出用)
  • 青色申告承認申請書(控用)


  • マイナンバーカードが無いという方は、「マイナンバーを確認できる書類(通知書など)」+身元確認書類でも問題ありません(参考:番号制度に係る税務署への申請書等の提出に当たってのお願い)。ここは、間違えやすい点なので、しっかりと確認した方が良いです。利用する身元確認書類が運転免許証であるか、健康保険証であるかなどによっても変わってくるので。

    最後に

    提出後、控用の書類が返信されてきて、他に何の連絡もなければ、それで届出・申請は受理・承認されたことになります。

    何の連絡もないことに不安になるかもしれませんが、安心して確定申告をすれば大丈夫です!

    最後に、必ず3月15日までに青色申告承認申請をするのを忘れないようにして下さい! これを忘れてしまうと、65万円の控除が受けられないなど、大きな不利益を被ることになってしまいます。






    執筆者:  匿名希望

    投稿日時: 2019年2月2日16:22

    参考になった!